一人旅のデメリット

一人旅にメリットがあるように、デメリットも当然存在します。ここでは、一人旅ならではのデメリットを紹介していきます。

一人では泊まれないことがある

旅館などでは、一人旅の宿泊を断ることがあります。

これは、旅館のシステムが複数人泊まることを前提としたものだからです。一つの部屋に複数人泊まれば、人数分の料金を旅館は得られますが、一人しか泊まらないのであれば、その料金が少なくなります。

特に繁盛期であれば、他にもいくらでも団体客が来てくれますので、一人旅客を相手にしないことが多くあります。

一人で泊まることができる宿に関してはじゃらん.netの一人旅歓迎の宿ページなどをご覧ください。

また『一人旅の宿・温泉旅館』では一人旅プランを実施している宿情報を掲載しています。



一人では料金が高くなることがある

旅館などでは一人で宿泊しようとすると、複数人で泊まるより高く料金を請求されることがあります。また、場合によっては、二人料金分支払わないと泊めてくれないところもあります。

逆に言うと、どうしてもお気に入りの場所であれば、二人分の料金を支払うから泊めてくれといえば、受け入れられるかもしれません。

ただ、出来ればよりリーズナブルに宿泊したいでしょうから、あまり料金が高くならない宿泊先を見つけた方が良いでしょう。

トラブルになったらすべて自分で対応する

何か問題が発生したら、その対応は自分で行う必要があります。

グループ旅行でしたら、仲間がやってくれるかもしれませんし、ツアー旅行でしたら添乗員さんが対応してくれるかもしれません。

ですが、一人旅では、そうしたことは望めず、原則自分で対応する必要があります。

何かトラブルがあった際に、適切に対応できるように、あらかじめいろいろと考えておきましょう。

旅に詳しい知り合いがいるのであれば、電話で相談するなども良いかと思われます。もちろん、電話がつながる場所にいるのであればという前提条件がつきますが。

トラブルは対人だけでなく、自身の問題も発生します。

病気や怪我などがある場合は出来るだけ旅行しないようにしましょう。また、旅先でも病気や怪我になりそうな状況を回避することをお奨めします。

時間や感動を人と共有しにくい

グループ旅行でしたら、周りに友達や家族が居ますので、何かの出来事に対して同じ感動を味わうことができます。

逆に、一人旅の場合は、自分自身しか居ないため、人と感動を、そしてその時間を共有しにくいというのがあります。

ただ、旅先で人と出会うかもしれませんし、たとえ一人であっても、周りのほかの人と感動を味わうことも出来ます。

このあたりは人それぞれの考え方次第ではないでしょうか。



楽天トラベル」ではさまざまな宿泊プランから検索して旅館等を決定することが出来ます。一人旅の宿泊プランも多数。

旅行雑誌などでも有名「じゃらん」のインターネット版「じゃらん.net」です。 テーマ別だけでなく、一人旅歓迎の宿特集なども組まれていますので、そこから適した旅館を探してみてはどうでしょうか。


 

初心者向け

一人旅初心者向けの情報をテーマごとに掲載。

目的

一人旅の目的の参考となりそうな情報を掲載。具体的なお薦め目的は、目的選びの参考としてお役に立てると思われますので、ぜひご覧ください。

旅館・ホテル

旅館やホテルの情報を掲載。宿泊方法や一人旅でも宿泊できる宿情報など。

交通手段

旅に使用する交通手段を紹介。

旅道具

旅の際に使用する道具や、旅行バッグに関する情報を掲載。

旅のための必要な物の手続き

旅に必要なパスポートの取得方法と、便利なクレジットカードの情報を掲載。

旅行記

一人旅の旅行記を紹介。さまざまな場所に関する情報を載せています。 初心者の方が旅に対する理解を得られるように、宿の宿泊方法や交通手段の使い方も多めに紹介しています。一人旅の宿探しの参考にもご利用ください。

男女別、年齢別

性別や年齢別で分けた情報を掲載。大まかな区分けとしてどういった旅があるかご参考ください。

旅行ランキング

旅行に関するランキングを紹介。温泉、観光、グルメなど、さまざまなジャンルのランキングを掲載。

参考情報

一人旅に関連する参考情報を紹介。ニュースでは調査データなどの情報を紹介

その他

一人旅を題材にした旅行本の紹介や、別ページとして紹介している富士山の一人登山に関する情報などを掲載。

告知事項

関連サイトの「一人暮らしのコツ」などへリンクしています。

Menu ×|メニューを閉じる